提訴事実を持つ品川美容外科ではカウンセリングやアフターケアを重視

アフターケアについて

スタイルの良い女性

医療行為全般のうち、主に皮膚や筋肉、特に顔面などの形態全般の組織を作り変えて、審美的な美しさを目指すのが美容外科です。
当然医療機関の1つであり、扱う施術はメスを使った手術治療や、注射などを使ったメスを使わない治療があります。
具体的にはメスを使う手術は一重まぶたを二重まぶたにしたり、加齢によって垂れ下がった皮膚をリフトアップで釣り上げたりといった施術を行います。
注射を使わない治療はレーザー脱毛や表情シワを改善するためにボツリヌストキシンを注射したりといった医療行為があります。
これらの手術や治療を行うのは当然全員国家資格を持った医師となります。
中でも執刀を担当するのは皮膚科、あるいは皮膚科出身の医師が多く見られます。

メスを使った手術を中心に多くのメニューが用意されているのが美容外科です。
例えば豊胸手術でも複数の手術法をそれぞれ取り扱えるクリニックが多く、患者の脂肪をバストに注入する脂肪注入法と、バストにシリコンバッグを挿入する手術法、ヒアルロン酸を注入する手術法があります。
またこのうち脂肪注入法は、脂肪吸引手術と一緒に行われることがあります。
輪郭矯正ではやはり顔のあらゆる部位の輪郭を変えることができます。
頬骨が出っ張っていて気にしている人には、頬骨を削る外科手術によって丸みをおびた顔に作り変えることができます。
顔のエラが四角で目立つ人には、丸顔に整形したり、顎を削ったりもできます。
このように多くの施術を扱い、様々な患者の美容の悩みに応えるのが美容外科の仕事です。